研究活動

主な論文

 

○学術論文

2019(令和元)年度

・齊田光、徳永ロベルト、高橋尚人、渡部 武朗、高野伸栄:スマートフォンを用いた冬期転倒危険度の定量評価手法に関する研究、土木学会論文集D3(土木計画学)75巻5号、pp. I_999-I_1008、2019

 

2014(平成26)年度〜2018(平成30)年度

・齊田光、平澤匡介、高橋尚人、石田樹:日陰時間と交通事故発生状況の定量評価、土木学会論文集D3(土木計画学)73巻5号、pp. I_1013-I_1022、2017

・藤本明宏、山田慎也、田中俊輔、高橋尚人、武市靖:粗面系舗装に対する路面すべり推定法の適用性向上と凍結防止剤事後散布の有効性評価、土木学会論文集E1(舗装工学)71巻3号、pp.47-54、2015

・田中俊輔、安倍隆二、高橋尚人、武市靖、木村孝司:すべり止め材散布が粗面系舗装の性能に与える影響と散布効果に関する研究、土木学会論文集E1(舗装工学)71巻3号、pp.39-46、2015

・Naoto Takahashi, Shunsuke Tanaka, Roberto A. Tokunaga, Fumimasa Tayu, Kiyoshi Takeichi, Seiichi Kami and Hitoshi Sakakibara; Ice Formation and the Effectiveness of Deicing Agent on Porous Asphalt and Stone Mastic Asphalt, Transportation Research Record: Journal of the Transportation Research Board, No. 2482, pp. 57-66, 2015

・Eetu Pilli-Sihvola, Aki Aapaoja, Pekka Leviäkangas, Tuomo Kinnunen, Raine Hautala and Naoto Takahashi; Evolving winter road maintenance ecosystems in Finland and Hokkaido, Japan, IET Intelligent Transport Systems, Volume 9, Issue 6, pp 633-638, 2015

・Akihiro Fujimoto , Roberto Tokunaga, Makoto Kiriishi, Yasuhiro Kawabata, Naoto Takahashi, Tateki Ishida, Teruyuki Fukuhara; A road surface freezing model using heat, water and salt balance and its validation by field experiments, Cold Regions Science and Technology, 106–107 (2014) 1–10, 2014

 

〜2013(平成25)年度
<工事中>

 

○国際会議論文

2019(令和元)年度

・Naoto Takahashi and Ayano Yoshida. Basic analysis of snow hauling operations in Sapporo, Japan, The 35th International Symposium on the Okhotsk Sea & Polar Oceans, 2020

 

2014(平成26)年度〜2018(平成30)年度

2018年

・Naoto Takahashi, Hajime Imura, Daisuke Sagara and Roberto Tokunaga. Impacts of winter weather and winter maintenance operations on traffic performance in Sapporo, 25th ITS World Congress, AP-TP1053, 2018

・Naoto Takahashi and Roberto Tokunaga. A field experiment on the accuracy of visual assessment of winter road conditions, 18th International Conference Road Safety on Five Continents (RS5C 2018), 2018

・Akira Saida, Masayuki Hirasawa, Naoto Takahashi and Tateki Ishida. Quantitative evaluation of the relationship between the road surface conditions measured by continuous testing vehicles and the rate of winter traffic accidents, 18th International Conference Road Safety on Five Continents (RS5C 2018), 2018

・Naoto Takahashi, Kenji Sato, Roberto Tokunaga, Noriyuki Nakajima and Shigeyasu Yamanaka. Evaluation of Disodium Succinate Hexahydrate as an Alternative Deicer, Transportation Research Board 97th Annual Meeting, 2018

・Roberto Tokunaga, Kenji Sato, Tomoyuki Nakajima, Naoto Takahashi, Tateki Ishida, and Akihiro Fujimoto. An Experimental Study on Effectiveness of Technology for Supporting the Chemical Spreading Judgments of Maintenance Operators, 15th International Winter Road Congress, 2018

・Naoto Takahashi, Kenji Sato, Roberto Tokunaga, Noriyuki Nakajima and Tatsuya Uemura. Evaluation of Sodium Propionate as an Alternative Deicer, 15th International Winter Road Congress, 2018

・Akira Saida, Akihiro Fujimoto, Tomoyuki Nakajima, Kenji Sato, Roberto Tokunaga, Naoto Takahashi and Tateki Ishida. Development of a Friction Estimation Method and a Winter Road Surface Improvement Simulator (WIRIS), 15th International Winter Road Congress, 2018

 

〜2017年

<工事中>

 

○Miscellaneous

2019(令和元)年度

・吉田彩乃,高橋尚人,福谷遼太,中島秀之:マルチエージェントシミュレーションを利用したごみ収集作業の最適化,研究報告知能システム(ICS),Vol.2020-ICS-198, No.14, pp.1-4 (2020).

・高橋尚人:ディープラーニングによる札幌の日平均気温の予測、寒地技術論文・報告集Vol.35、2019

・高橋尚人、吉田彩乃:ニューラルネットワークによるチ・カ・ホ通行量の推定と気象がチ・カ・ホ通行量に与える影響分析、寒地技術論文・報告集Vol.35、2019

・高橋尚人、吉田彩乃、佐柄大介:排雪日報データを用いた札幌市の排雪作業の基礎的分析、寒地技術論文・報告集Vol.35、2019

 

〜2018(平成30)年度

<工事中>

地域貢献・社会活動

2020(令和2)年度
・一般財団法人さっぽろ産業振興財団 客員研究員(〜2021年3月)
 

2019(令和元)年度
・札幌市ICT活用戦略検討有識者会議 委員(〜2020年3月)
・札幌市内における観光MaaS検討有識者会議 委員(〜2020年3月)

 

〜2018年度
<工事中>

産学連携プロジェクト等

2020(令和2)年度
・構造物に負の影響を与えない凍結防止剤の研究(その3)(〜2020年9月) ※2019年度より継続
・気象情報とAI学習による防災・生活情報の研究開発(〜2022年10月) ※2019年度より継続
・深層学習を用いたコンクリートの健全度判定に関する研究(〜2021年3月)
・新型コロナウィルス感染症対策及び今後のまちづくりにおけるオープンデータ、ビックデータの利活用に関する研究(〜2021年3月)
 

2019(令和元)年度
・深層学習を用いたコンクリートの健全度判定に関する研究(〜2020年3月)
・作業用機械の知能化による新しい製品・価値の創出(〜2020年3月)
・ニューラルネットワークによるチ・カ・ホ人流推定・予測モデルシステムの構築(〜2020年3月)
・札幌市における観光MaaSビジネス創出の可能性に関する研究(〜2020年3月)
・構造物に負の影響を与えない凍結防止剤の研究(その3)(〜2020年9月)
・気象情報とAI学習による防災・生活情報の研究開発(〜2022年10月)

 

〜2018年度
<工事中>