2019年〜2021年ゴールデンウィーク期間の 札幌市内の人流および宿泊者数の推移


202年4月30日に、北海道知事と札幌市長から、札幌市民はできるだけ外出しない、北海道民はできる限り札幌に行かないよう「ゴールデンウィーク」緊急メッセージがありました。また、4都府県を対象とした緊急事態宣言の発令、まんえん防止等重点措置の実施区域がある中、2021年のゴールデンウィークを迎えました。

 

2021年ゴールデンウィーク期間の札幌市内の人流と宿泊者数はどのように変化したのか、スマホアプリから取得した位置情報ビッグデータ(Agoopの流動人口データ)と観光予報プラットフォーム推進協議会「観光予報プラットフォーム」の宿泊実績データを用い、2019年〜2021年ゴールデンウィーク期間の札幌市内の流動人口および札幌市内の宿泊者数の推移について報告します。

 

2019年のゴールデンウィークと比べると人の往来や宿泊者数は少なかったものの、緊急事態宣言発令中だった2020年のゴールデンウィークと比べると人の往来と宿泊者数が増えていました。